文部科学省 共同利用・共同研究拠点
「日本及び世界経済の高度実証分析」

データ・アーカイブの整備と統計分析手法の開発を進展させ、日本及び世界経済に関わる高度実証分析の国際的な共同利用・共同研究拠点として、一層の発展を目指します。公募型の「プロジェクト研究」、「政府匿名データ利用促進プログラム」等の事業を実施しています。

お知らせ 過去のお知らせ twitter newsletter

重要なお知らせ


[2018/10/30]

一橋大学経済研究所は、共同利用・共同研究拠点「日本および世界経済の高度実証分析」の中間評価において最も高い(S)評価を獲得しました。
参考:文部科学省 共同利用・共同研究拠点(国立大学)の中間評価結果(平成30年度実施)

公募のお知らせ

[2020/08/06]

一橋大学経済研究所では、講師または助教(応用ミクロ経済学関連分野)の公募を行います。募集人数は 若干名です(応募締切 2021年4月1日着任分:2020年9月30日(水)必着/2021年7月1日着任分:2020年12月23日(水)必着)。

[2020/04/07]

神林龍教授が、日本学士院賞を受賞しました。

[2020/03/19]

一橋大学経済研究所広報誌 IER Spotlights Vol. 3を発行しました。

[2020/02/12]

2019年度研究集会「ミクロデータから⾒た我が国の社会・経済の実像」を3月18日(水)に開催します。*本研究集会は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、開催日未定の延期とさせていただきます。

[2019/11/06]

北村行伸教授が統計委員会の委員長に就任されました。

[2019/11/03]

研究所の斎藤修名誉教授が令和元年秋の叙勲で「瑞宝重光章」を受章されました。

近日開催予定の研究会
9
Sep
10:45
経済研究所定例研究会 (Zoom会議)

岩崎一郎(一橋大学)・溝端佐登史(京都大学)・馬欣欣(富山大学)


16
Sep
10:45
経済研究所定例研究会 (Zoom会議)

徳永昌弘 (関西大学)