文部科学省 共同利用・共同研究拠点
「日本及び世界経済の高度実証分析」

データ・アーカイブの整備と統計分析手法の開発を進展させ、日本及び世界経済に関わる高度実証分析の国際的な共同利用・共同研究拠点として、一層の発展を目指します。公募型の「プロジェクト研究」、「政府匿名データ利用促進プログラム」等の事業を実施しています。

お知らせ 過去のお知らせ twitter newsletter

重要なお知らせ


[2018/10/30]

一橋大学経済研究所は、共同利用・共同研究拠点「日本および世界経済の高度実証分析」の中間評価において最も高い(S)評価を獲得しました。
参考:文部科学省 共同利用・共同研究拠点(国立大学)の中間評価結果(平成30年度実施)

[2019/04/01]

渡部敏明教授が経済研究所の新所長に就任いたしました。

[2019/03/01]

一橋大学経済研究所は、独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所と研究交流に関する覚書を締結することになりました。

[2019/01/04]

都留康特任教授の著書『製品アーキテクチャと人材マネジメントー中国・韓国との比較からみた日本』(岩波書店)に対して進化経済学会(Japan Association for Evolutionary Economics)学会賞が授与されました。

[2018/12/01]

一橋大学経済研究所は、公益社団法人日本経済研究センターと研究交流に関する覚書を締結することになりました。

[2018/11/15]
一橋大学経済研究所は、日本学術振興会の「人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラム」の一環として、オーダーメード集計補助プロジェクトの公募を開始しました。